社会科学文献年表

 

1516 モア『ユートピア』
1532 マキャベリ『君主論』
1620 ベーコン『科学の新機関』
1621 マン『東インド貿易論』
1622 ミッセルデン『自由貿易論』
1637 デカルト『方法序説』
1651 ホッブズ『リヴァイアサン』 Thomas HOBBES:Leviathan
1662 ペティ『租税貢納論』A Treatise of Taxes & Contributions
1664 マン『外国貿易によるイングランドの財宝』Englands Treasure by Foreign Trade
1670 SPINOZA: A Theologico-Political Treatise
1676 William PETTY: Political Arithmetick
1677 SPINOZA: Ethics
1677 SPINOZA: On the Improvement of the Understanding
1682 William PETTY: (Another) Essay on Political Arithmetick
1683 William PETTY: Observations on the Dublin Bills of Mortality
1687 ニュートン『自然哲学の数学的原理』
1690 John LOCKE: Essay Concerning Human Understanding
1690 John LOCKE: 政府二論(Second Treatise on Government)
1690 バーボン『交易論』(英)
1690 ペティ『政治算術』Political Arithmetick(英)
1691 ノース『交易論』(英)
1692 ロック『利子論』(英)
1693 ヘリー『人類の死亡率推算』(英)
1693 チャイルド『新交易論』(英)
1693 ロック『教育論』
1695 ケアリー『イギリス貿易論』(英)
1695 ラウンズ『貨幣改鋳論』(英)
1696 バーボン『貨幣軽鋳論』(英)
1696 ダヴェナント『東インド貿易論』(英)
1705 ロー『貨幣および交易論』(英)
1706 ボワギュベール『フランス白書』(または『フランスの弁護』)(仏)
1707 ヴォーバン『王国十分の一税案』(仏)
1710 BERKELEY: Treatise Concerning the Principles of Human Knowledge
1711 SHAFTESBURY: Characteristicks of Men, Manners, Opinions, Times, Etc.
1713 デフォー編『マーケイター,貿易復活論』(英)(-14)
1714 マンデヴィル『蜂の寓話』MANDEVILLE: The Fable of the Bees: or, Private Vises, Public Benefits
1721 MONTESQUIEU: Persian Letters
1721 キング『ブリティッシュ・マーチャント』(英)
1725 HUTCHESON: An Inquiry into the Origin of our Ideas of Beauty and Virtue
1728 HUTCHESON: Essay on the Nature and Conduct of the Passions and Affections
1728 デフォー『イギリス経済の構図』
1732 MANDEVILLE: An Enquiry into the Origin of Honour
1734 MONTESQUIEU: Considerations on the Causes of the Greatness of the Romans and their decline
1734 ヴァンダーリント『貨幣万能』(英)
1735 BERKELEY: The Querist
1739 HUME:『人性論』Treatise of Human Nature
1747 HUTCHESON: Short Inroduction to Moral Philosophy
1748 HUME: Philosophical Essays
1748 HUME: An Enquiry Concerning Human Understanding
1748 モンテスキュー『法の精神』MONTESQUIEU:Spirit of Laws
1748 ヒューム『人間悟性論』
1749 タッカー『貿易要論』
1750 ROUSSEAU: First Discourse
1750 ガリアーニ『貨幣について』(伊)
1750 マッシー『自然利子論』
1751 HUME: Enquiry Concering the Principles of Morals
1751 ROUSSEAU: Discourses on the Sciences and the Arts
1751 ディドロ,ダランベール編『百科全書』(仏)(-80)
1752 ヒューム『政治論集』(英)
1753 ウォーレス『古代および近代の人口』(英)
1755 HUTCHESON: System of Moral Philosophy
1755 ルソー『人間不平等起源論』
ROUSSEAU:
A Discourse upon the Origin and Foundation of the Inequality Among Mankind
1755 カンティロン『商業本質論』
Essai sur la nature du commerce en general1755(仏)
1755 ハチソン『道徳哲学体系』(英)
1756 ケネー『借地農論』
1757 HUME: The Natural History of Religion
1757 ハリス『貨幣・鋳貨論』(英)(-58)
1758 ケネー『経済表』DU TABLEAU ECONOMIQUE(仏)
1759 スミス  道徳感情論 SMITH:Theory of Moral Sentiments
1761 ウォーレス『人類・自然.および神慮について』(英)
1762 ルソー『エミール』ROUSSEU: Emile, a Treatise on Education
1762 ルソー『社会契約論』ROUSSEAU:The Social Contract
1763 A.スミス『グラスゴウ大学講義』(英)〔刊行は1896年〕
1766 ケネー『経済表の分析』(仏)
1766 ファーガソン『文明社会史』
1767 ファーガソン 市民社会論 FERGUSON: An Essay on the History of Civil Society
1767 デュボン・ド・ヌムール編『フィジオクラシイ』(仏)
1767 ステュアート『経済学原理』(英)
1769 チュルゴ『価値と貨幣』(仏)
1770 チュルゴ『富の形成と分配とに関する省察』(仏)
1775 ペイン PAINE: African Slavery in America
1776 ペインコモンセンス  PAINE: Common Sense
1776 BENTHAM: Fragment on Government
1776 スミス 国富論 SMITH: An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations
1776 コンディャック『商業と政治』(仏)
1776 プライス『市民的自由の本質についての考察』(英)
1779 HUME: Dialogues Concerning Natural Religion
1779 John MILLAR: The Origin of the Distinction of Ranks
1780 BENTHAM: The Introduction to the Principles of Morals and Legislation
1781 カント 純粋理性批判 KANT: Critique of Pure Reason
1782 ルソー 告白 ROUSSEAU: Confessions-89
1784 Johann Gottfried von HERDER: Reflections on the Philosophy of the History of Mankind-91
1784 KANT: Idea for a Universal History...
1784 ジェファソン『ヴァジニア覚書』(米)
1785 KANT: Grundlegung
1786 WOLLSTONECRAFT: Thoughts on the Education of Daughters (pamphlet)
1787 ベンサム『高利擁護論』BENTHAM: Defense of Usury
1788 カント 『実践理性批判』KANT: Critique of Practical Reason
1789 ベンサム 道徳および立法に関する諸原理 BENTHAM: Introduction to the Principles of Morals and Legislation
1790 バーク フランス革命に関する省察 BURKE: Reflections on the Revolution in France
1790 WOLLSTONECRAFT: A Vindication Of The Rights Of Men (response to BURKE)
1790 KANT:THE CRITIQUE OF JUDGEMENT
1790 James Steuart :An Inquiry into the Principles of Political Economy
1791 ペイン『人間の権利』PAINE: The Rights of Man
1792 FERGUSON: Pricniples of Moral and Political Science
1792 WOLLSTONECRAFT: Vindication of the Rights of Women
1793 CONDORCET: Sketch for a Historical Picture of the Progress of the Human Mind
1793 ゴドウィン『政治的正義に関する研究』GODWIN:Enquiry Concerning Political Justice
1795 HEGEL: On Christianity: Early Theological writings-1809
1795 CONDORCET: History Essay on the Progress of Human Reason
1795 PAINE: The Age of Reason
1795 SMITH: Philosophical Essays
1796 BONALD: Theory of Political and Religious Authority in Civil Society
1797 MAISTRE: Considérations sur la France
1798 GODWIN: Memoirs of Mary Wollstonecraft
1798 マルサス 『人口論』MALTHUS: Essay on the Principle of Population
1798 WOLLSTONECRAFT: Maria: or, The Wrongs of Woman
1800 フィヒテ『封鎖的商業国家』(独)
1802 H.ソーントン『紙券信用論』(英)
1803 セー『経済学概論』 (仏)
1803 シスモンディ『商業的富について』(仏)
1806 Johann Gottlieb FICHTE: Characterstic of the Present Age
1807 ヘーゲル『精神現象学』HEGEL: The Phenomenology of Mind
1807 フィヒテ『ドイツ国民に告ぐ』(独)
1808 ミル『商業擁護論』(英)
1809 ミュラー『国政学要論』(独)
1810 リカードウ『地金の高価格』The High Price of Bullion(英)
1812 HEGEL: Science of Logic-1816
1813 SAINT-SIMON: Essay on Science of Man
1813 オウェン『新社会観』A New View of Society(英)
1814 MAISTRE: Essay on the Generative Principle of Political Constitutions
1814 SAINT-SIMON: The Reorganization of European Society
1814 マルサス『穀物法論』The Corn Laws(英)
1815 マルサス『穀物輸入制限論』The Grounds of an Opinion on the Policy of Restricting theImportation of Foreign Corn
1815 オウェン『工場制度の効果に関する観察』(英)
1815 リカードウ『利潤論』An Essay on Profits( 英 )
1817 HEGEL: Encyclopedia of Philosophy
1817 リカードウ『経済学および課税の原理』RICARDO:Principles of Political Economy
1818 SCHOPENHAUER: The World as Will and Idea
1818 スタール夫人『フランス革命の考察』
1819 シスモンディ『経済学新原理』(仏)
1820 マルサス『経済学原理』MALTHUS: Principles of Political Economy
1821 ヘーゲル『法哲学』HEGEL: The Philosophy of Right
1821 ミル『経済学綱要』James MILL: Principles of Political Economy
1822 COMTE: Plan of the Scientific Operations Necessary for Reorganizing Society
1822 RADCLIFFE-BROWN: The Andaman Islanders
1822 フーリエ『家庭的・農業的社団論』(仏)
1822 リカードウ『農業保護論』(英 )
1823 サンーシモン『産業者の教理問答』
1825 SAINT-SIMON: New Christianity
1825 ベイリー『リカードウ価値論の批判』(英)
1825 ホジスキン『労働擁護論』( 英 )
1825 マカロック『経済学原理』(英)
1826 ラウ『経済学教本』(独)(-32)
1826 チューネン『孤立国』第1巻(独)〔第2巻,50年;第3巻,63年〕
1828 ギゾー『ヨーロッパ文明史』
1830 コント『実証哲学講義』COMTE: The Positive Philosophy (6 vols), 1830, 1835, 1838, 1839, 1841, 1842
1831 ジョーンズ『地代論』(英)
1831 A.ワルラス『富の性質および価値の源泉について』(仏)
1832 MARTINEAU: Illustrations of Political Economy
1833 MARTINEAU: Poor Laws and Paupers
1833 ウェイクフィールド『イギリスとアメリカ』(英)
1834 MARTINEAU: Illustrations of Taxation
1834 MARTINEAU settled in London, consulted by cabinent ministers
1834 ロングフィールド『経済学講義』(英)
1835 トクヴィル 『アメリカの民主政治』TOCQUEVILLE: Democracy in America-40
1835 CAREY: Essay on the Rate of Wages
1835 QUETELET: On Man and the Development of Human Faculties: An Essay on Social Physics
1837 CAREY: Principles of Political Economy-1840
1837 CARLYLE: French Revolution
1837 HEGEL: The Philosophy of History
1837 MARTINEAU: Society in America
1837 カーライル『フランス革命史』
1838 クールノー『富の理論の数学的原理に関する研究』(仏)
1838 トゥック『物価史』(英)(-57)
1840 プルードン『所有とは何か』PROUDHON: What is Property?
1841 CARLYLE: On Heroes
1841 フォイェルバッハ『キリスト教の本質』FEUERBACH: The Essence of Christianity
1841 リスト『経済学の国民的体系』The National System of Political Economy(独)
1842 FEUERBACH: Preparatory Theses on the Reform of Philosophy
1842 SPENCER: "The Proper Sphere of Government," The Nonconformist
1842 Lorenz von STEIN: Socialism and Communism in France
1842 リスト『農地制度・零細経営および国外移住』(独)
1843 FEUERBACH: Principles of the Philosophy of the Future
1843 MARX: Critique of Hegel's Philosophy of Right
1843 J.S.ミル『論理学体系』J.S. MILL: System of Logic
1843 ロッシャー『国家経済学綱要』(独)
1844 MARX: The Economic and Philosophic Manuscripts of 1844-5
1844 FEUERBACH: The Essence of Religion
1844 MARX: Contribution to the Critique of Hegel'S Philosophy of Law
1844 ENGELS: Outlines of a Critique of Political Economy
1844 ENGELS: Review of Thomas Carlyle's Past and Present
1844 MARX: Theses on Feuerbach
1844 デュプュイ『公共事業の効用測定について』(仏)
1844 フラートン『通貨調節論』(英)
1844 J.S.ミル『経済学試論集』(英)
1844 トゥック『通貨原理の研究』(英)
1845 MARX: The German Ideology-46
1845 エンゲルス『イギリスにおける労働者階級の状態』(独)
1846 プルードン『経済的矛盾の体系一貧困の哲学一』(仏)
1847 ENGELS: The Principles of Communism
1847 マルクス『哲学の貧困』MARX: The Poverty of Philosophy
1848 CAREY: The Past, the Present, and the Future
1848 MARTINEAU: Eastern Life, Present and Past (expounds philosophical atheism)
1848 マルクス=エンゲルス『共産党宣言』MARX: Communist Manifesto
1848 J.S.ミル『経済学原理』J.S. MILL:Principles of Political Economy
1848 ヒルデブラント『現在ならびに将来の国民経済学』第1巻(独)
1849 MARTINEAU: History of England During the Thirty Years' Peace 1816-46
1849 マルクス『賃労働と資本』MARX: Wage-Labor and Capital
1850 ENGELS: The Peasants' War in Germany
1850 MARX and ENGELS: England's 17th c. Revolution
1850 MARX: The Class Struggle in France, 1848 to 1850
1850 SPENCER: Social Statics
1850 Lorenz von STEIN: The History of the Social Movement in France, 1789-1850
1850 バスティア『経済的調和』(仏)
1851 COMTE: System of Positive Polity (4 vols) -1854
1851 CAREY: The Harmony of Interests
1851 ロートベルトゥス『地代論』(独)
1852 MARX: The Eighteenth Brumaire of Louis Bonaparte
1852 ジョーンズ『経済学講義』(英)
1853 GOBINEAU: Essay on the Inequality of Human Races-5
1853 CAREY: The Slave Trade, Domestic and Foreign: Why it Exists and How it May be Extinguished
1853 クニース『歴史的方法の立場より見た政治経済学』(独)
1854 ゴッセン『人間の交換の諸法則およびこれに由来する取引行為の諸準則め発 展』(独)
1854 ロッシャー『経済学体系』第1巻(独)〔全五巻,-94〕
1855 LE PLAY: The European Workers, (6 vols)
1856 TOCQUEVILLE: Old Regime
1857 BUCKLE: The History of Civilization in England-61
1857 MARX: Grundrisse: Foundations of the Critique of Political Economy-8
1857 MARX: Pre-Capitalist Economic Formations
1857 ケアンズ『経済学の性質と論理的方法』(英)
1857 ロイド(オーヴァーストーン)『金属通貨および紙券に関する諸論稿』(英 )
1858 CAREY: The Principles of Social Science-1860
1859 DARWIN: The Origin of Species
1859 マルクス『経済学批判』MARX: A Contribution to the Critique of Political Economy
1859 ミル 『自由論』J.S. MILL: On Liberty
1859 ダーウィン『種の起源』(英)
1861 H.S. MAINE:Ancient Laws
1862 スペンサー『第一原理』SPENCER:First Principles
1862 ジェヴォンズ『経済学の数学的一般理論の考察』(英)
1862 ジュグラー『仏・英・米における商業恐`慌とその周期的な再発』(仏)
1862 ラッサール『労働者綱領』(独)
1864 SPENCER: Principles of Biology (2 vols) -67
1864 Fustel de COULANGES: The Ancient City
1864 LE PLAY: Social Reform in France (3 vols)
1864 SPENCER: Reason for Dissenting from the Politivist Philosphy of M. Comte
1865 GOBINEAU: The Religions and Philosophies of Central Asia
1865 マルクス『賃銀・価格および利潤』MARX: Value, Price, and Profit
1865 J.S. MILL: Auguste Comte and Positivism
1865 ジェヴォンズ『石炭問題』(英)
1867 マルクス 『資本論』第一分冊 MARX: Capital (vol I) -8〔第2巻,85年;第3巻,94年〕
1869 GALTON: Hereditary Genius
1869 RENOUVIER: Science of Ethics
1869 W.ソーントン『労働論』(英)
1870 SPENCER: Principles of Psychology (2 vols) -72
1871 DARWIN: The Descent of Man
1871 GALTON: A Statistical Enquiry into the Efficacy of Prayer
1871 MARX: The Civil War in France
1871 LE PLAY: Organization of the Family
1871 TYLOR: Primitive Culture
1871 ジェヴォンズ『経済学の理論』(英)
1871 C.メンガー『国民経済学原理』(独 )
1872 DARWIN: Expressions of the Emotions in Man and Animals
1872 BAGEHOT: Physics and Politics
1872 CAREY: The Unity of Law
1872 LE PLAY: Organization of Labor
1873 LILIENFELD: Ideas about the Social Sciences of the Future, (5 vols) -81
1873 SPENCER: Study of Sociology
1873 バジョット『ロンバード街』(英)
1873 クニース『貨幣と信用』(独)
1874 GALTON: English Men of Science
1874 ケアンズ『経済学の主要原理』
1874 シュモラー『法および国民経済の根本問題』(独)(-75)〔単行本,75年 〕
1874 L.ワルラス『純粋経済学要論,または社会的富の理論』(仏)(-77)
1875 SCHトFFLE: Structure and Life of the Social Body (4 vols) -78
1875 GUMPLOWICZ: Race and State
1875 MARX: Critique of the Gotha Program
1876 SPENCER: Principles of Sociology (3 vols: 76, 82, 96) -96
1876 ENGELS: The Part Played by Labour in the Transition From Ape to Man-8
1876  E.A.ウォーカー『賃金問題』
1877 MARTINEAU: Autobiographical Memoir
1877 MORGAN: Ancient Society
1877 『ドイツ立法・行政・国民経済年報』創刊〔71年創刊のものの改題〕
1878 エンゲルス『反デューリング論』ENGELS: Anti-Dühring
1879 SPENCER: Principles of Ethics (2 vols) -93
1879 ショージ『進歩と貧困』
1879 マーシャル『外国貿易と国内価値との純粋理論』
1879 マーシャル夫妻『産業経済学』
1879 J.S.ミル『社会主義論』(遺稿)
1880 ENGELS: Socialism: Utopian and Scientific
1880 FOUILLEE: Contemporary Social Science
1881 LE PLAY: Essential Constitution of Humanity
1881 エッジワース『数理心理学』(英)
1883 GUMPLOWICZ: Race Struggle
1883 SUMNER: What the Social Classes Owe to Each Other
1883 WARD: Dynamic Sociology (2 vol)
1883 C. メンガー『社会科学とくに経済学の方法に関する研究』(独)
1883 シジウィック『経済学原理』(英)
1883 Nietzsche:THUS SPAKE ZARATHUSTRA(english)
1883 シーリー『イギリスの膨張』
1884 ENGELS: The Origin of the Family, Private Property and the State
1884 トインビー『18世紀英国産業革命講義』TOYNBEE: Lectures on The Industrial Revolution in England
1884 SPENCER: The Man versus the State
1884 ベーム= バヴェルク『資本および資本利子』(独)Capital and Interest(-89)
1884 エンゲルス『家族・私有財産および国家の起源』(独)
1884 ジェヴォンズ『通貨および金融研究』(英)
1884 ウィーザー『経済価値の起源と主要法則』(独)
1885 GUMPLOWICZ: Outline of Sociology
1885 マルクス『資本論』第2巻MARX: Capital, Vol. II (post.)
1885 J.B.クラーク『富の哲学』
1886 Achille LORIA: Economic Foundations of Society
1886 ベーム=バヴェルク『経済的財価値の理論の基礎』(独)
1886 A.メンカ゛―『労働全収権論』(独)
1886 『 クォーターリ・ジャーナル・オヴ・エコノミクス』創刊くハーヴァード〉
1887 Karl KAUTSKY: The Economic Doctrines of Karl Marx
1887 テンニェス『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』TOENNIES: Gemeinschaft und Gesellschaft
1889 Franz BOAS: The Aims of Ethnology
1889 GALTON: Natural Inheritance
1889 パンタレオーニ『純粋経済学の原理』(伊)
1889 ウィーザー『自然価値論』(独 )
1890 FOUILLEE: The Evolution of Idea-Forces
1890 William JAMES: Principles of Psychology
1890 マーシャル『経済学原理』MARSHALL:Principles of Economics
1890 TARDE: Laws of Imitation
1890 『 ジャーナル・オヴ・ボリティカル・エコノミー』創刊くシカゴ〉
1890 イギリス経済学協会設立〔のち,王立経済学会と改称〕
1891 Georg SIMMEL: On Social Differentiation
1891 『エコノミック・ジャーナル』創刊くロンドン〉
1891  ブース『ロンドンの生活と労働』(-1903)
1892 DUKRHEIM: Montesquieu - Quid Secundatus Politicae Scientiae Instituendae Contulerit
1892 SMALL: First Sociology Department (University of Chicago
1892 PEARSON: Grammar of Science
1892 George SIMMEL: Problems of the Philosophy of History
1892 フィッンャー『価値と価格の理論の数学的研究』(英)
1892 カウッキー『エルフルト綱領』(独)
1893 DURKHEIM: On the Division of Labor in Society
1893 FOUILLEE: The Psychology of Idea-Forces
1893 Jacques NOVICOW: The Struggles between Human Societies and Their Necessary Phases
1893 RATZENHOFER: Nature and End of Politics
1893 WARD: Psychic Factors of Civilization
1893 ビュッヒャー『国民経済進化論』(独)
1893 ヴィクセル『価値・資本および地代』(独)
1894 Benjamin KIDD: Social Evolution
1894 マルクス『資本論』第3巻MARX: Capital, Vol III (post.)
1894 SMALL: first textbook in Sociology
1894 SUMNER: The Absurd Effort to Make the the World Over
1894 TARDE: Social Logic
1894 シカ゛ン=ベラノフスキー『現代イギリスにおける産業恐慌』
1894 ウィックスティード『分配法則の統合に関する研究』(英)
1895 DURKHEIM: Rules of Sociological Method
1895 George A. LUNDBERG born
1895 ロンドン・スクール・オヴ・エコノミクス創立
1896 Gustav Le BON: The Crowd
1896 John DEWEY: The Reflex Arc Concept in Psychology
1896 GIDDINGS: Principles of Sociology
1896 WEBER: The Agrarian Sociology of Ancient Civilizations
1896 Rene WORMS: Organism and Society
1896 ベーム=バヴェルク『マルクス主義体系の終結にあたって』(独)
1896 L.ワルラス『社会経済学研究』
1897 DURKHEIM: Suicide
1897 パレート『経済学講義』PARETO: Course in Political Economy
1897 TARDE: Universal Opposition
1897 ゾンバルト『社会政策の理想』(独)
1898 John DEWEY: Evolution and Ethics
1898 DURKHEIM: Professional Ethics and Civic Morals-00
1898 GIDDINGS: Elements of Sociology
1898 KAUTSKY: The Agrarian Problem
1898 RATZENHOFER: Sociological Studies
1898 TARDE: Social Laws
1898 WARD: Outline of Sociology
1898 L.ワルラス『応用経済学研究』
1898 ヴィクセル『利子と物価』(独)
1899 Eduard BERNSTEIN: Evolutionary Socialism: a Criticism and Affirmations
1899 CHAMBERLAIN: The Foundations of the Nineteenth Century
1899 COSTE: Principles of Objective Sociology
1899 DURKHEIM: Collective and Individual Representations
1899 ヴェブレン『有閑階級論』VEBLEN:Theory of the Leisure Class
1899 ベルンシュタイン『社会主義の前提と社会民主党の任務』(独)
1899 J.B.クラーク『分配論』
1900 COSTE: Expriences of the Peoples
1900 DURKHEIM: Two Laws of Penal Evolution
1900 FREUD: The Interpretation of Dreams
1900 George SIMMEL: Philosophy of Money
1900 シュモラー『一般国民経済学綱要』(独)
1901 ヴィクセル『国民経済学講議』(-06)(スウェーデン語版)〔独語版,1913 -22年に刊行〕
1902 COOLEY: Human Nature and Social Order
1902 KAUTSKY: The Social Revolution
1902 LENIN: What is to be done?
1902 ホブスン『帝国主義』(英)
1902 ゾンバルト『近世資本主義』(独)
1902 シュピートホフ『過剰生産理論への序言』(独)
1903 WARD: Pure Sociology
1904 PARK: The Crowd and the Public
1904 SPENCER: An Autobiography (2 vols)
1904 ウェーバー『社会科学および社会政策的認識の客観性』WEBER: Objectivity in Social Science & Social Policy
1904 ヴェブレン『企業の理論』The Theory of Business Enterprise
1904 ウェーバー『プロテスタンテイズムの倫理と資本主義の精神』,
1905 SMALL: General Sociology
1905 マルクス『剰余価値学説史』(独)(カウッキー編,-10)
1906 HOBHOUSE: Morals in Evolution
1906 SCHトFFLE: Outline of Sociology
1906 SUMNER: Folkways
1906 WARD: Applied Sociology
1906 WEBER: The Protestant Ethic and the Spirit of Capitalism
1906 パレート『経済学提要』(伊)
1907 William JAMES: Pragmatism
1907 WEBER: Critique of Stammler
1908 RATZENHOFER: Sociology
1908 SIMMEL:Soziologie
1908 シュンペーター『理論経済学の本質と主要内容』(独)
1909 COOLEY: Social Organization
1909 THOMAS: Source Book of Social Origins
1909 ポアンカレ『科学と方法』
1910 WHEELER: Ants: Their Structure, Development, and Behavior
1910 ヒルファディング『金融資本論』(独)
1911 DURKHEIM: Judgments of Reality and Judgments of Value
1911 Taylor:The Principles of Scientific Management
1911 フィッシャー『貨幣の購買力』
1912 DURKHEIM: Elementary Forms of Religious Life
1912 ミーゼス『貨幣および流通手段の理論』(独)
1912 シュンペーター『経済発展の理論』(独)
1913 MEAD: The Social Self
1913 ルクセンブルク『資本蓄積論』(独)
1913 ミッチェル『景気循環論』
1914 ウィーザー『社会経済学』(独)
1915 Robert MICHELS: Political Parties
1915 パレート『一般社会学提要』PARETO: General Treatise on Sociology
1915 ロバートソン『産業変動の研究』(英)
1915 スルツキー『消費者均衡の理論について』(伊)
1916 WEBER: The Religion of China
1917 レーニン『帝国主義論』(露)
1918 THOMAS & ZNANIECKI: The Polish Peasant in Europe and America (5 vols) -21
1918 COOLEY: Social Process
1918 カッセル『社会経済学原論』(独)
1919 SOROKIN: System of Sociology (2 vols)
1919 A.J. TOYNBEE: delegate to Paris Peace Conference
1919 John B. WATSON: Psychology from the Standpoint of a Behaviorist
1919 ケインズ『平和の経済的帰結』The Economic Consequences of the Peace(英)
1919 マーシャル『産業と商業〔交易〕』
1919 Veblen:The Vested Interests and the Common Man
1920 ミーゼス『社会主義国家における経済計算』(独)
1920 ピグー『厚生経済学』(英)
1921 Martin BUBER: I and Thou
1921 BURGESS: The Science of Sociology (w/ Park)
1921 PARK: (w/ Burgess) An Introduction to the Science of Sociology
1921 SAPIR: Language: an Introduction to the Study of Speech
1921 WEBER: The City
1922 CARR-SAUNDERS: The Population Problem
1922 John DEWEY: Human Nature and Conduct
1922 ウェーバー『経済と社会』WEBER: Economy and Society (2 vols)
1922 ロバートソン『貨幣』
1923 Karl MANNHEIM: On the interpretation of Weltanschauung
1923 LUKACS: History and Class Consciousness
1923 MEAD: "Scientific Method and the Moral Sciences"
1923 OGBURN: Social Change
1923 THOMAS: The Unadjusted Girl
1923 WHEELER: Social Life Among the Insects
1923 ケインズ『貨幣改革論』
1923 マーシャル『貨幣・信用および商業』
1924 Max SCHELER (1874-28): Essays toward a Sociology of Knowledge
1924 MEAD: "The Genesis of the Self and Social Control"
1924 SMALL: Origins of Sociology
1924 ポーリー『経済学の数学的基礎』
1925 BURGESS: The City (w/ Park)
1925 LOTKA: Elements of Physical Biology
1925 Karl MANNHEIM: The Problem of a Sociology of Knowledge
1925 ゴットル=オットリリェンフェルト『生活としての経済』(独)
1925 スラッファ『生産費用と生産量との関係について』(伊)
1926 ロバートソン『銀行政策と価格水準』(英)
1926 スラッファ『競争的条件の下における収益法則』(英)
1927 John DEWEY: The Public and its Problems
1927 SOROKIN: Social Mobility
1927 アフタリョン『貨幣・物価・為替』
1927 ピグー『産業変動論』
1927 ゾンバルト『高度資本主義』(独)
1928 SOROKIN: Contemporary Sociological Theories
1928 THOMAS: The Child in America
1928 WIRTH: The Ghetto
1928 グロスマン『資本主義体制における蓄積と崩壊の法則』』独)
1929 ハイエク『貨幣理論と景気理論』(独)
1930 COOLEY: Sociological Theory and Social Research
1930 ケインズ『貨幣論』
1930 ミュルダール『経済学説と政治的要素』 (スウェーデン語)
1930 ゾンバルト『三つの経済学』(独)
1931 ALLEE: Animal Aggregations
1931 ゴットル=オットリリェンフェルト『経済と科学』(独)
1931 ハイエク『価格と生産』(独)
1931 カーン『国内投資と失業』(英)
1932 ヒックス『賃金の理論』
1932 ロビンズ『経済学の本質と意義』
1933 OGBURN: Recent Social Trends in the United States
1933 W.S. THOMPSON and P.K. WHELPTON: Population Trends in the United States
1933 チェンバリン『独占的競争の理論』
1933 ミュルダール『貨幣的均衡論』(独)
1933 ピグー『失業の理論』
1933 J.V. ロビンソン『不完全競争の経済学』
1934 BENEDICT: Patterns of Culture
1934 コモンズ『制度派経済学−経済学に占めるその地位』
1934 オリーン『地域間ならびに国際間の交易』(英)
1934 シュタッケルベルク『市場形態と均衡』(独)
1935 TOYNBEE: A Study of History (12 vols) -61
1935 Houston Stuart CHAPIN: Contemporary American Institutions
1935 ハイエク編『集産主義経済計画』(英)
1936 TOENNIES: Introduction to Sociology
1936 OGBURN: The Social Effects of Aviation
1936 TOENNIES: Introduction to Sociology
1936 WIRTH: Ideology and Utopia (w/ Mannheim)
1936 ハロッド『景気循環論』
1936 ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論
1937 SOROKIN: Social and Cultural Dynamics (4 vols) -41
1937 PARSONS: Structure of Social Action
1938 ALLEE: The Social Life of Animals
1938 ティンバーゲン『景気循環理論の統計的検証』(-39)
1938 ランゲ,F.M.テイラー編,『社会主義の経済理論』
1939 LUNDBERG: Foundations of Sociology
1939 PEARL: The Natural History of Population
1939 ヒックス『価値と資本』
1939 サミュエルソン『乗数分析と加速度原理の相互作用』
1939 シュンペーター『景気循環論』
1939 スウィージー『寡占状態下の需要』
1939 マルクス『経済学批判要綱』(-41)
1939 フリッシュ『動態経済学における波及問題と衝撃問題』
1939 リンダール『貨幣および資本理論の研究』
1939 カレッキー『経済変動論集』
1939 カントロヴィッチ『生産組織と生産計画の数学的方法』(露)
1939 ハンセン『財政政策と景気循環』
1939 レオンティェフ『アメリカ経済の構造』
1940 OGBURN: Sociology (w/ Nimkoff)
1941 ハイエク『資本の純粋理論』
1941 シュンペーター『資本主義,社会主義および民主主義』
1942 DODD: Dimensions of Society
1942 カレッキー『経済動態の研究』
1943 SOROKIN: Sociocultural Causality, Time and Space
1943 ノイマン,モルゲンシュテルン『ゲームの理論と経済行動』
1944 ポラニー『大転換』
1944 ミュルダール『アメリカの矛盾』
1944 ランゲ『価格伸縮性と雇用』
1944 サイモン『経営行動』
1944 ポパー『開かれた社会とその敵』
1945 BURGESS: Predicting Success or Failure in Marriage (w/ L Cottrell, Jr.)
1945 BURGESS: The Family (w/ H. Locke)
1945 Gladys BRYSON: Man and Society: the Scottish Inquiry of the Eighteenth ハCentury
1945 J.M.クラーク『動態過程としての競争』
1945 ハリス編『新しい経済学』
1947 LUNDBERG: Can Science Save Us?
1947 Nicholas RASHEVSKY: Mathematical Theory of Human Relations
1947 SOROKIN: Society, Culture and Personality
1947 ハンセン『経済政策と完全雇用』
1947 クライン『ケインズ革命』
1947 サミュエルソン『経済分析の基礎』
1947 フリッシュ『景気循環の原理』
1948 Kinglsey DAVIS: Human Society
1948 ハロッド『動態経済学序説』
1948 サミュエルソン『経済学』
1949 ZIPF: Human Behavior and the Principle of Least Effort
1949 OGBURN: Technology and International Relations
1949 PARSONS: Essays in Sociological Theory, Pure and Applied
1949 デューゼンベリー『所得,貯蓄および消費者行動の理論』
1949 ハンセン『貨幣理論と財政政策』
1949 Ludwig von MisesHUMAN ACTION
1950 HAWLEY: Human Ecology
1950 QUINN: Human Ecology
1950 George Casper HOMANS: The Human Group
1950 PARK: Race and Culture
1950 ヒックス『景気循環論』
1950 コモンズ『集団行動の経済学』
1950 クライン『1921-1941年の合衆国の経済変動』
1951 Rosa LUXEMBURG: The Accumulation of Capital
1951 MILLS: White Collar
1951 PARSONS: The Social System
1951 PARSONS: Toward a General Theory of Action
1951 THOMAS: Social Behavior and Personality
1951 アンドリュース編『オックスフォード価格機構調査』
1951 アロー『社会的選択と個人的価値』
1951 クープマンス編『生産および配分の活動分析』
1951 シュンペーター『帝国主義と社会階級』,『十大経済学者』
1952 Marion LEVY: The Structure of Society
1952 PARK: Human Communnities
1952 ガルブレイス『アメリカの資本主義』
1952 スターリン『ソ連邦における社会主義の経済的諸問題』
1954 Lewis COSER: The Functions of Social Conflict
1954 シュンペーター『経済分析の歴史』
1954 カレッキー『経済変動の理論』
1955 PARK: Society
1955 PARSONS: Family, Socialization and Interaction Process
1956 MILLS: The Power Elite
1956 Ralf DAHRENDORF: Class and Class Conflict in Industrial Society
1956 J.V.ロビンソン『資本蓄積論』
1956 ベイン『競争参入への障害』
1956 フリードマン編『貨幣数量説研究』
1956 パティンキン『貨幣,利子および物価』
1956 ソロー『経済成長論への−寄与』
1956 シロス=ラビーニ『寡占と技術進歩』(伊)
1957 ドーマー『経済成長の理論』
1957 フリードマン『消費関数の理論』
1957 ミュルダール『経済理論と低開発地域』(英)
1958 R.ドーフマン,サミュエルソン,ソロー『線型計画と経済分析』
1958 ガルブレイス『ゆたかな社会』
1958 トービン『危険に対する行動としての流動性選好』
1959 DAVIS: "The myth of functional analysis" ASR
1959 MILLS: The Sociological Imagination
1959 ベイン『産業組織論』
1959 ドゥブリュー『価値の理論,経済均衡の公理分析』
1959 カントロヴィッチ『資源の最適利用の経済計算』(露)
1960 ハロッド『貨幣』
1960 カルドア『価値と分配論集』,『経済安定と成長論集』
1960 スラッファ『商品による商品の生産』
1960 フリードマン『貨幣の安定をめざして』
1960 ロストウ『経済発展の諸段階』
1960 ミュルダール『福祉国家を超えて』
1960 ハイエク『自由の条件』

 Our thanks to Mr.Hay and Mr.Stephan.
(このTimelineは、Mr.Hay と Mr.Stephanが
主宰するサイトからの情報に、
経済学史の年表情報を加えたものです。)